自宅 自分 巻き爪 治療

自宅で自分で巻き爪を治療・矯正するには

巻き爪になると歩くのもつらいですから、必ず治療して完治させましょう。軽めの巻き爪であっても、自然に治癒することはありません。必ず治療が必要なのが巻き爪です。ばい菌が入るとひどくなりますから、できれば病院に行くのが理想的です。

 

 

しかし、どうしても病院に行く時間が無いという場合は、自宅で巻き爪の治療をすることも可能です。治療と言っても病院の治療とは若干違ってくるものの、巻き爪をしっかり治してくれるキットが市販されています。

 

 

市販キットのほとんどは、ワイヤーなどを使って爪を巻かないように逆方向に反らせるような治療をしてくれます。少し爪を伸ばして爪に穴をあけ、ワイヤーを通すという方法のキットもあります。ただし、治療には時間がかかります。一気に爪を反らせるわけではありませんし、足の爪はもともと硬いもの。ですので、一気に治そうとせず、少し長い目で治療をしましょう。

 

 

爪が硬くてどうしてもワイヤーの治療がうまくいかないという人の中には、市販のパーマ液を爪にしみこませてワイヤーを使用するという人もいます。爪と髪は同じ性質を持っているので、柔らかくする効果を期待できます。ですが、市販のパーマ液はもちろんそんな使い方を想定していませんので、もし使う場合は自分の爪で少しだけ試してみてからにしてください。

 

 

その他にもテーピングや応急処置、巻き爪クリップや巻き爪ブロックなどいろいろな方法をこのサイトでは紹介しています。
参考にしてみてください。

憎き巻き爪の原因とは

足先が痛いと思ってたら、いつの間にか巻き爪になっていた・・・そんな経験をしたことがある方もいらっしゃるでしょう。普通に生活していても巻き爪になることも多々あり、発生原因はさまざまです。

 

 

まず考えらえれるのは先天的な遺伝ですが、遺伝で巻き爪になる人はほとんどいません。巻き爪のほとんどは後天的な環境が原因になります。その中でもよく巻き爪になる原因として指摘されているのは以下のようなものです。

 

・小さい靴を日常的にはいている
・大きすぎる靴を日常的にはいている
・つま先が細い靴をよく履く
・5センチ以上ヒールがある靴をよく履く

 

これらが主な原因と言われています。靴の大きさがあっていない、指先を圧迫する靴を履いている、というのは足の指や爪にとって非常によくありません。

 

 

さらに、爪を真四角に切らずに端を斜めに切り落としてしまうと、その部分から爪が肉に食い込んでいき、これも巻き爪の原因となります。もともと爪は指のカーブにそって巻こうとする性質がありますから、少しでも巻ける余裕があるとすぐに肉に食い込んでいきます。体質や生活習慣なども影響してくるので一概にコレという原因を特定するのは困難ですが、爪は大切な体の一部ですから、日ごろからチェックしておきましょう。

スポンサードリンク